テレスコープセンター・アイベルさんにて発売中

SkyWatcher(TM) AZ GTi/GTe は本来、経緯台であるため、オートガイドポートが付いていません。赤道儀モードでオートガイドを行おうとすると、PCを経由するなどの方法が必要でした。

このアダプター「AZ-AUTOGUIDEPORT」は SkyWatcher(TM) AZ GTi/GTe マウントのハンドコントローラポートにつないで、ST4互換のオートガイドポートを増設するものです。ガイドポートのピンアサインは下記の通りです。

1: 未接続  2:GND 3:RA+  4:DEC+  5:DEC-  6:RA-



PCやスマートホンを接続していなくても、MGENなどのスタンドアロン型オートガイダーとAZ-AUTOGUIDEPORT があれば、完全にPCレスで2軸ガイドが実現します。

設定

設定はシンプルです。設定用のロータリースイッチがあるので、オートガイド速度と、北半球か南半球かを番号で指定するだけです。

ガイドスピードx0.25x0.5x0.75x1.0
北半球1234
南半球FEDC

赤緯バックラッシュ圧縮

赤経モータは常に同方向に動くので、あまりバックラッシュの影響はないと考えています。
赤緯軸は両方向の動く可能性があります。停止後、同方向への移動はバックラッシュの影響はありませんが、逆方向への移動はバックラッシュ部分が「動かしているのに反応しない」時間になってしまいます。

そこで、赤緯軸のみ、前回の移動方向と反対方向へ移動する際は、最初0.2秒だけ高速(ガイドスピードのx2倍かx4倍)で少し動かすことでバックラッシュの区間を早く通り過ぎさせて、動き出すまでの時間を早くする。

検証結果はこちらの「バックラッシュ軽減のアイデア」

42.5 秒角~77.5秒角まで2.5秒刻みで変更できるようにし、望遠鏡を覗きながら補正量を確認できるようにしています。

開発・製造元 stellartech.science